凱旋門賞

凱旋門賞勝利馬のレイルリンクが引退

故障のため、年内の出走が見送られていた昨年の凱旋門賞馬レイルリンクが、残念ながらこのまま引退することとなりました。来年から種牡馬入りする予定ということです。

06年4月のデビューから3戦目で勝ち上がると、リス賞(仏G3)、パリ大賞典(仏G1)、ニエル賞(仏G2)と連勝。日本からディープインパクトが出走した凱旋門賞(仏G1)まで5連勝を飾り、昨年度の仏年度代表馬に輝いた実績があります。今年は9月16日に行われるフォワ賞(仏G2)からの復帰が予定されていましたが、それ以降レースへの出走はなく引退となってしまいました。

通算成績7戦5勝(重賞4勝)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://xn--y9qv79bor2athh.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブクメがお送りする凱旋門賞専門サイト