凱旋門賞

ウオッカが凱旋門賞への出走断念

残念なニュースが入ってきました。

JRA関西広報室は8日、牝馬として今年のダービーを64年ぶりに制したウオッカが凱旋門賞への出走を取りやめると発表した。

完治する可能性云々よりも中途半端な状態で挑戦させたくないというのが本音のようです。残念ですが、断念すると正式発表されたために今後は日本馬としてはメイショウサムソン一本に絞って紹介していくことになります。

ご了承ください。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://xn--y9qv79bor2athh.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/10

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ブクメがお送りする凱旋門賞専門サイト